植物工場ってなに?

植物工場とは?

植物工場とは、施設内の温度、光、炭酸ガス、養液などの環境条件を最適な状態に保ち、
作物の栽培や出荷を周年計画的に一貫して行う生産システムのことです(農林水産省HPより抜粋)。
建物内で栽培を行うので、気候などの外環境の影響を受けません。そのため農薬を使わずに栽培ができ、
内部の環境条件を変えることによって味や形態、栄養価までもをコントロールすることが可能になっています。

なんで注目されているのか?

引用元:植物工場ラボ

夏季のゲリラ豪雨やPM2.5等の大気汚染など、地球環境を取り巻く問題は年々身を持って感じるようになっています。
人間が活動を行っていく上で、環境への悪影響は残念ながら止めることはできません。
そんな中で、従来よりも低環境負荷・持続可能な生産活動が必要とされており、そのひとつとして、植物工場は注目を集めています。
また、現在日本の農業が抱えている後継者不足や農業従事者の高齢化などの問題の解決策としても期待されています。

現在は1980年台中頃の第1次ブーム、1990 年代前半から後半にかけての第2次ブームに続き、
植物工場の第3次ブームと言われています。
LED等の光源や栽培技術の進歩に加え、植物工場に対して国から予算が出た影響で、参入企業はこれまでにない
勢いで増加しており、人工光型植物工場の市場規模は2025年には約440億円にのぼるとの予測がされています。

どういう方にオススメか?

弊社のLED型植物栽培システムは、省スペースなユニット型なので、
レストラン等の店舗への設置から大規模植物工場まで、
幅広いニーズにお応えします。
原料の内製化をご検討中の食品関連企業様や、
食材にこだわりを持った飲食店様、作業所をお考え中の福祉施設様、空きスペースの有効活用法をお探し中の方、
具体的な導入事例は >>こちら
製品一覧は>>こちら